卒業生の声

プロフェッショナル ヘア&メークコース

尾尻 丈也
他の人がやっていないことをやってみたい!
尾尻 丈也 プロフェッショナル ヘア&メークコース 卒
PROFILE
広島県出身。杉野服飾大学卒業後、当学院に入学。現在は衣裳アトリエ(オフィス SHIO)のヘアメイク部門を任され、avexからデビューする新人歌手や雑誌などのヘアメイク、またファッションスタイリストとしても活躍中。
コメント

服飾大学ではウェディングドレスのデザインを専攻していましたが、
なかなか難しい世界で、「それならもうヘアメイクしかない! これで
生きて行こう」と決意し、メイクの勉強を始めました。
学院には就職先が多いこと、講師が充実していること、交通の便がいい
こと、月謝制も選べることなど、いろいろな面で魅力を感じました。
実際、メイクの授業では大勢の先生と出会え、それぞれの先生の'いい
とこ取り'ができるのが良かった。最初は確かにそこが難しくもあった
けれど、慣れてくると目も養われ、自分に合う方法を落ち着いて選べる
ようになります。別科ヘアコースの先生には手の角度とかコツをたくさん
教えて貰いました。
現場に出ていちばん感じるのは、スピードです。授業中いつも言われて
いたので、他の人と比べても自分の仕事にスピード(速さ)を感じます。
これは良かったなと、すごく思いますね。
これからは他の人がやっていないことにどんどんチャレンジしたいです。
例えば、既に現場でやっていますが、エアブラシを使ってメイクすること。
これは「ロード・オブ・ザ・リング」でも使われた技術で、ファンデーションを
エアブラシでミスト状に吹き付けることによって、ベールのような
薄付き効果と、80%の水分で保湿しながらメイクでき、洗顔も水でOK
だから肌も守れ、なおかつ崩れにくいという様々なメリットがあります。
いろいろ頑張って、親に良い結果を報告できるようになりたいです。

このページの上へ