卒業生の声

プロフェッショナル ヘア&メークコース

浅井 淑憲
浅井 淑憲
自由に作れても、気に入っていただけないと成立しないのがこの仕事です
浅井 淑憲 プロフェッショナル ヘア&メークコース 卒
PROFILE
埼玉県出身。大学卒業後、測量 会社に10年ほど勤め、当学院の 6ヵ月コースに入学。修了後 は化粧品プロダクションの「 SWEED」とセットアップサ ロン「Switch」に所属。
コメント

私は元々、会社勤めをしながらステージで演奏するバンドマンでもあったため、ヘアメイクを自分たちでしていたこともあり、自然にメイクに興味を持ちました。
学院の説明会に参加し、実習メインの授業が分りやすくて、すぐに入学を決めました。
 学院では、トータルでいろいろなジャンルのメイクに触れることができたのが良かったと思います。特にデッサンまで習えたのはとても良かったです。
ヘアの授業で、カーラー巻きやピン打ちを学べたのも良かったと思っています。
講師の先生の言葉、『仕事は選ばず何でもやってみる!』『プロならピン1本で留める!』も強く印象に残っています。
また学院開催のセミナーで、クラスメイトと人前でヘアメイクの実演ができたことも、いい経験になりました。
 修了後、進路指導室の紹介で最初は化粧品関係のメイクの仕事に就きましたが、ヘアに触れなくなるので、並行してバランスよく働けそうなセットアップサロンも紹介してもらい、今は2つの職場に所属しています。
 化粧品の仕事は、ナチュラルメイクをベースに、毎回違う方にメイクができ、ほぼ自由に仕上げていける面白さがあります。もちろん気に入っていただき、購入意欲を持っていただくことが重要です。
 セットアップサロンは、主にいわゆる夜の銀座スタイルを作る仕事なので、気に入っていただけないと成立しないのがこの仕事でもあります。比較的派手目なスタイルを作り込める点が醍醐味ですが、仕事をしながらのトークも大事になってきます。
 メーカー専属のメイクアップアーティストを経て、いずれは自分でトータルビューティーサロンを経営したいので、今はメイクもヘアも修行のつもりで頑張っています。

このページの上へ