卒業生の声

プロフェッショナル ヘア&メークコース

沖村眞理子
沖村眞理子
舞台メイクは作品を一緒に作っていく充実感が味わえます
沖村眞理子 プロフェッショナル ヘア&メークコース 卒
PROFILE
東京都出身。OL時代に1年コースに入学。化粧品ブランドのアドバイザーを経て、現在はフリーランスとしてミュージカル等舞台を中心に活躍中。
コメント

OL時代に、興味のあったメークを学ぼうと、仕事を続けながら
土曜クラスに通いました。学院では第一線で活躍中の講師から直接
学ぶことができたし、卒業後も講師のアシスタントにとってもらえ
たんですよ。
化粧品の開発や撮影、PV、舞台メイク、ファッションショー、
ブライダルメイク...と、現場で培った人脈から次々とチャンスが
舞い込み、現在はステージメイクを中心に、幅広い分野のお仕事を
させてもらっています。
もともとミュージカルが好きな私には、願ってもないことですが、
渋谷の東急文化村オーチャードホールで上演されたブロードウェイ
ミュージカルの『ウエスト・サイド・ストーリー』では、ヒロイン専
属のヘアメイクを担当。1ヵ月間の公演を通して、キャストとも家族
のように親しくなり、舞台裏も見ることができて大満足でした。
学院に入学したての頃は、人の眉なんてとても描けないと思っていた
私が、大きな舞台を手がける一員になれたなんて! 努力を惜しまず、
いろんな世界を体験してきて良かったと思いました。
以前、元気がなかったモデルさんに、メイクを終えた後で「気分ま
で変えられるんですね、メイクって」と言われたことがありました。
私にとっても最高の誉め言葉だったし、人の気持ちを変えてあげられ
るところが、この仕事の大きな魅力だと思います。

このページの上へ