1. メイクアップアーティスト学院 TOP
  2. 公式ブログ
  3. 現場実習   『成人式の前撮り』

公式ブログ

現場実習   『成人式の前撮り』

在校生の現場実習『成人式の前撮り』

メークアップアーチスト学院の現場実習の一つに
「成人式の前撮り」というお仕事があります。

成人式当日(2010年は1月11日ですね)はもちろんのこと、
朝早くから東京近郊のいろいろな会場で大勢の在校生たちが
メイクの仕事に携わります。

が、今日ご紹介する「前撮り」は、
成人式を迎える方には今や当たり前のシステムなんですね。

当日は式典や、お祝いパーティーや、晴れ着デートで、何かと忙しいので、
前もって写真だけ撮ってしまいましょう!
晴れ着もヘアメイクも撮影代も全部セット料金になっているから
リーズナブルだし、晴れ着を着て歩く練習にもなるし。
と、大変人気があって、ピークは9月~12月。
中には1年中、前撮りを受け付けている衣装屋さんもあるそうです。

12月19日、スタッフAは講師の先生からの情報で、
前撮りの現場に見学に行ってきました。

この日は、2人の生徒さんがメイクを担当していました。
ヘアは専門の方が2人。つまり、ヘアさんとメイクさんが2人1組になって
同時にヘアメイクを施すわけです。

makeupschool_250.JPG

この日の予約は18人だったので、1人で9人のお客様を次々とメイクします。
1人にかけられる時間はせいぜい15分くらいでしょうか?
着付け師さんが、こちらも2人組で晴れ着の着付けをしている間に、
次の方のヘアメイクを済ませるというローテーションです。

makeupschool_250_1.JPG

実習経験者の感想も、
「眉のまったく無い方には苦戦しました」とか、
「ヘアと同時進行なので、ラインを引くタイミングが難しかった」とか、
「お客様と会話しながらご希望に沿って、自分が今持っている力を
 精一杯出せたと思います」など様々ですが、
共通点は、とても為になりました! 勉強になりました!
と、教室では経験できない現場のスピードや、同時進行という状況に
対応できた喜びのコメントがほとんどです。

makeupschool_250_2.JPG

スタッフAが過去に聞いて感動した卒業生の逸話を一つご紹介しますね。
彼は今や広告方面で大活躍しているヘアメイクアーティストですが、
「在学中に参加した成人式メイクの仕事でいただいたお金を、
今も封筒のまま大事に取ってあります。初心を忘れないために!」

この日、堂々とした立ち居振る舞いでお客様を次々とメイクしていた2人も
きっと近い将来、それぞれの希望の分野で活躍するアーティーストに
成長しているんだろうな! と、
わが子を頼もしく見守る母のような気持ちを味わいました。
ありがとうございました!

2010-01-05

このページの上へ

最新記事

カテゴリ

過去ログ