1. メイクアップアーティスト学院 TOP
  2. 公式ブログ
  3. 『開国博Y150』で、メイクアップ!

公式ブログ

『開国博Y150』で、メイクアップ!

【在校生の仕事】                     
メークアップアーチスト学院でプロになれる「7つの理由」の3番目に、
『在学中にもメイクの仕事を紹介』という理由がありますが、ここでは在校生に寄せられる仕事の中から、いくつかをご紹介します。

もちろんこれは「仕事」ですので、ギャランティーがあります。在学中に責任ある多くの仕事を体験することで、プロとしての自覚が育まれ、就職活動にも大きなプラスとなっています。


『開国博Y150』で、メイクアップ!           

2009.4.28~9.27に開催された横浜開港150周年記念『開国博Y150』。
このイベントの一環として、横浜市民が立案、制作したテーマイベント
「私も変わろう、変われるプロジェクト」に在校生が協力を要請されました。

 世の中を変えるのは市民一人ひとりであり、まず自分たちが「このような人になりたい」「このような世の中にしたい」というビジョンを持ち、自分自身が変われるということに気付くキッカケにしたいという意図から、メイクによって
来場者に「人は変わろうと思った時から変われる!」「自分自身が変われば、周りの人も変わる」という変化の波を興そうというもの。

 メイクを仕事にした多くの卒業生や、勉強中の在校生からもよく聞かれる「メイクをして差し上げた人が元気になる! 自信を持って貰えたことで笑顔がパッと明るくなる!」という言葉どおり、「メイクの力で世の中を変えるキッカケにしたい」が、今回の仕事の目的。
7/21~27の1週間に17名の在校生がこのイベントに参加しました。

 ①可愛い系メイク ②ふんわり系メイク ③キリリ系メイク
の中から、来場者にいつもと違うメイクをして差し上げること。
来場者は性別・年齢を問わず、在校生1人が1日50人ほどの方にメイクをしました。

makeupschool_289.jpg

2009-07-28

このページの上へ

最新記事

カテゴリ

過去ログ